安心で安全、美味しさにこだわった「かみありづきの食」をお届けします。

出雲神話紙芝居(小さな神さま)

購入数
古事記を一連の流れでストーリー化した紙芝居は全国でも類がなく、単なる童話の世界とはひと味違う神話を子供から大人まで楽しむことができる商品です。
紙芝居は、全6作からなり、子供たちにも飽きがこないよう5人の有名作家を選び、それぞれ違うタッチで描くなど工夫がされています。
独自性もあり、出雲を全国へ紹介する商品として期待されます。
出雲を全国へ紹介する商品として、平成25年度「出雲ブランド商品」に認定されました。

<サイズ>
382mm×265mm



●物語の紹介●

【小さな神さま】
脚本:西野 綾子  絵:やべ みつのり  監修:長野 ヒデ子

オオクニヌシ(もとオオアナムジ)は、トヨアシハラノナカツクニを豊かな国にしようと、いっしょうけんめい働いています。ある日、海から小さな神さまスクナヒコナがやってきました。仲良しになったふたりは、旅に出かけ、がまんくらべをすることにしました・・・



●プロフィール紹介●
出雲神話紙芝居の制作に携わっていただきました作家の皆様のプロフィールをご紹介します。

脚本: 西野 綾子 先生
1934年静岡県浜松市生まれ。
1978年「蠅劼まの出版」創立。社長兼、編集を担当し、数多くの児童図書を刊行。その中で、「はかまだれ」(舟崎克彦・文 村上豊・絵)で、絵本にっぽん賞、「さと子の日記」(鈴木聡子・文 藤沢友一・絵)で、産経児童出版文化賞を受賞。 自作として「日本の神話(全10巻)」、絵本「小さな赤いてぶくろ」、「ふうちゃんのハーモニカ」全国青少年読書感想文コンクール課題図書(いずれもひくまの出版)などがある。

絵: やべ みつのり 先生
1942年 岡山県倉敷市生まれ。
1977年より、造形教室「ハラッパ」を16年間主宰。
1996年 紙芝居『どうぶつのてんきよほう』で第34回五山賞奨励賞受賞。現在は各地で、造形あそびや、紙芝居づくりのワークショップを開いている。日本児童出版美術家連盟会員。紙芝居文化推進協議会理事。日本児童教育専門学校非常勤講師。 絵本に『かばさん』(こぐま社)『ふたごのまるまるちゃん』(教育画劇)『ぼくはどこへいくの』(ラオスのこども)などがある。紙芝居も多数手がけ、『これはジャックのたてたいえ』(トロル出版部)『でてきたなあーんだ?』『ほねほねマン』シリーズ(童心社)他多数。

おすすめ商品